リング

結婚指輪を手入れする方法|いつまでも輝きを

目立つデザインと輝き

カップル

人気の理由と手入れの方法

結婚指輪は一般的に、プラチナまたはゴールドで作られています。これは、どちらも比較的硬度の高い貴金属で、なおかつ輝きが美しいからです。高齢化が進んでいる現在では、結婚指輪を半世紀以上装着し続ける可能性が高くなっています。そのため、形状と輝きとが長続きしやすいプラチナやゴールドで作られているわけです。ところが大阪では、シルバー製の結婚指輪にも高い人気があります。なぜなら大阪には、一風変わったアクセサリーを好む人が多くいるからです。そしてシルバーには、プラチナやゴールドよりも光を反射しやすいという特徴があります。細かく研磨したり、切れ込みを入れたりすると、光を跳ね返しながらキラキラと強く輝くのです。その分硬度は低めですが、だからこそ大阪の人の好みに合う、オリジナリティのある形状に加工しやすいと言えます。全体を特徴のある形状にすることはもちろん、緻密な模様を多く彫り入れることも、比較的容易となっているのです。このように、輝きやデザインからひときわ目立つ結婚指輪になることから、大阪では多くの人が、素材にシルバーを選んでいるのです。ただしシルバーには、空気に触れることで徐々に酸化して、黒ずんでいくという性質があります。したがってシルバー製の結婚指輪の魅力を維持するためには、定期的にクリーナーや重曹を溶かしたお湯の中につけ込んで、黒ずみを除去することが大事と言えます。またシルバーに人気があるからこそ、大阪の宝石店の多くがシルバー専用のクリーニングサービスを実施しているので、それを利用している人も多くいます。