婦人

結婚指輪を手入れする方法|いつまでも輝きを

個性的な魅力を高めるため

個性的な結婚指輪に人気がある大阪では、指の採寸や装着感の確認が慎重に行われています。魅力を半減させないために、メジャーやサンプルリングを駆使して、指に合うものを選ぶのです。指が太い場合には、丸みがあり装着しやすいものや、指が細く見えるものを、指が細い場合には抜けにくいものを選ぶといった具合です。

長持ちさせるために

カップル

品質と手入れ

結婚指輪とは、一生涯支え合うことを誓った夫婦が身につける指輪です。愛情の象徴とも言えるジュエリーなので、夫婦でいる間は、仕事中でも家事中でも外さずにいるという人がほとんどです。そのため結婚指輪は一般的に、美しさよりも耐久性の高さを重視して製造されています。日常での手作業の際に、硬い物にぶつかっても、割れることなく形状を保ち続けるように工夫して作られているのです。特に大阪のジュエリーショップでは、そういった結婚指輪が多く販売されています。大阪では古くから、実用性にこだわった物作りが行われていたため、結婚指輪の製造でも、硬度や使いやすさが十分に考慮されているのです。しかも大阪ではジュエリーショップの多くが、結婚指輪に保証期間を設け、傷消しや磨き直しなどのアフターメンテナンスを行っています。頑丈な結婚指輪でも、長い結婚生活の間に、細かな傷がついたり光沢が失われたりすることがあります。その状態を改善することも、結婚指輪を長持ちさせることにつながるので、だからこそ大阪では、購入後の対応にも力が入れられているのです。もちろん、状態が悪くならないように、個々が気をつけて使うことも大事です。常時身につける結婚指輪には、皮脂や手垢などが付着しがちなので、それらを除去するこまめなクリーニングも欠かせません。そのため大阪では、ジュエリー専用のクリーナーやブラシなども販売されています。これらを活用することで、結婚指輪はより長持ちしやすくなるのです。

目立つデザインと輝き

結婚指輪はプラチナやゴールドで作られることが多いのですが、大阪ではシルバーもよく使われています。光を反射しやすく加工もしやすいので、輝きの強い目立つ結婚指輪となるからです。ただし黒ずみがよく生じるため、クリーナーや重曹でこまめに除去することが大事です。宝石店でも、除去してもらうことが可能です。

価値と美しさが魅力

結婚指輪はシンプルなデザインのものが多いですが、宝石を埋め込むこともあります。また、宝石ではダイヤモンドが一番人気となっていて、大阪では外側に埋め込む人がほとんどです。ダイヤモンドが人気な理由としてあげられることは、希少性が高く値段が高いこと、美しいこと、傷つきにくく変質しにくいことなとが挙げられます。